DANCING ARCHITECTURE

  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images

 

CONCEPT

JAPANESE / ENGLISH

アメリカ、ペンシルバニア州での研究所の計画である。 敷地は元々豊かな森林であったが、企業⽤地として⼟地開発され、樹⽊はほぼ伐採されていた。 北側に傾斜するなだらかな斜⾯形状で、樹⽊が伐採された故⼟地は乾燥しきっていた。 周辺にはアメリカ郊外の典型的な箱型建築が⽴ち並ぶ。
そこで建築をつくることによって、乾燥した⼤地に⾬⽔を浸透させ、時間をかけて森林を再⽣させることを目論んだ。
⽊や植物や葉の構造には、河川などの水脈システム、稲妻、⻲裂の際の構造などの典型的な分岐パターンをもつ。樹⽊は何本かの⼤枝を持ち、そこからさらにたくさんの⼩枝に分かれていく。⾃然界の分岐の秩序とは、⼩さな部材を⾜しながら、⾃ら拡⼤していくものである。
この分岐システムの原理を応⽤してつくる建築によって、森の再⽣を試みた。
建築は、敷地全体に広がる⽊の枝の様なフラクタルな平⾯形状を描き、地形の⾼低差に沿わせて、建築のレベルも変化していく。
建築形態とランドスケープとして等⾼線上につくられたスウェールによって、屋根に降り注ぐ⾬⽔が敷地全体へと、また地中深くの帯⽔層へと浸透していく役割を果たす。
⽇射、熱、通⾵、⽔との多様な関わりをつくるために環境シュミレーションによって、最適なフラクタルな形態を導いていった。しかしここでは、均質な環境を求めることではなく、地形の変化に合わせてムラのある環境をめざした。特に⾵に関しては、微気候を⽣みだし、そよぐ⾵を空間内の所々で感じることができる計画である。
この分岐パターンをもつ建築は、外部の森との接点を多くもち、内外の多様な関係をつくる。また樹⽊による光や⾵への影響を考慮してランドスケープをつくっている。
構造はすべて⽊造とし、周囲の樹⽊が林⽴するような掘⽴柱構造とした。
現代社会は、⽬の前の合理性を追求することが往々にして普遍的である。しかしながら、アメリカ⼤陸に存在してきたネィティブアメリカンは、7世代先を想像する精神が未来をつくると考える。
彼らの考えは、⽂明の持続可能な⽅法であり、知恵である。この意志を継承する計画によって、この⼤地を再⽣させたいと考えた。 地中深くに運ばれた⽔は、1000年10000年と⻑い時間をかけて、地球を循環するという。
想像を越え、未来を潤すことを願う。

Nature’s patterns embraced:
Located in Pennsylvania, this production center lies on what was previously agricultural land, beside the Susquehanna River. The site features a stretch of hills and folded mountains to the north. The aim of the project is to naturally reinvigorate the nearby ecology, the air and soil, which having been damaged by industrial development.
As nature develops harmonious patterns based on physical systems, a similar pattern seeks to evolve from spatial system. Important here is the careful development of the entity, not the imitation of one independent element of nature.
Environmental simulations based on light, heat, ventilation and water, have brought about a form that, relative to topography, branches out in an organic way, seeking a natural rhythm. Similar patterns appear not only in tree branches and leaf veins, but also river networks, lightning and cracks in the earth. The split creates fi ner and more rapid energy courses. An additive aspect emerges, that continues to honor the whole. This way, an artery system makes up the architectural form, in so doing, enabling water to penetrate the surface, reaching aquifers deep in the earth. In terms of construction, structure is designed to be made from wood. Columns, along the building branches imitate forest groves, creating frames for the surrounding fl ora.
A microclimate is created by the gentle shifting of air pressures within the building, between intentionally glazed enclosures and controlled locations within. Evergreen trees form windbreaks, while deciduous trees doctor the light conditions throughout the building.
Converting rainwater to groundwater is a long-term cycle –ranging from 1000 to 10,000 years- akin to Native American sensibilities - where consideration for the future generations is part of the day-to-day. This regard, practically and spiritually, for the next seven generations sits in direct contrast to the way Modernity prioritises the rational and the immediate. By inheriting this ancient wisdom, architecture and landscape design merge to establish a cycle of purifi cation and regeneration.



page top