FLAG & POLE 田園調布の住宅

  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images

 

CONCEPT

JAPANESE / ENGLISH

東京の⾼級住宅地、⽥園調布での住宅+診療所の計画である。
⽥園調布という街は1923年に分譲されはじめたが、⽥園都市構想に基づき街全体を庭園都市として計画され、敷地内にも⼗分な庭スペースを確保するために50%の建蔽率指定がある。
かつては⼤きな敷地に邸宅が建っていたが、近年、⼟地相続によって⼟地が細分化されていき⼗分な庭園スペースが確保されていない。
この住宅もまた相続のために敷地が分割され、約90㎡という⼩さな旗竿敷地における計画となった。現在まちに点在する「旗竿敷地」の特性を活かした建築空間を試みた。
通常、この様な敷地は、旗に建築をつくり、竿は駐⾞場やアプローチ通路のみの利⽤となる。そして庭園や緑地スペースを確保することは難しい。
今回は、法的な制約や要求される居室のヴォリュームを検討しながら、密集地では得難い採光や通⾵を環境シュミレーションによってスタディを繰り返した。
それにより旗と竿を⼀体としたかたちを導き出した。2Fのリビングは、キャンティレバーで竿いっぱいに跳ねだしたプライベートなテラス空間とつながり、向かいの緑地の借景を望むことができる。また旗は三⾓形状の建築ヴォリュームとなり東南に余⽩が⽣まれ、限られた⼟地に庭園や緑地を導いた。
⽥園都市構想を継承する旗竿敷地ならではの庭園を伴う建築が⽣まれた。

Located in Dennenchofu in the southern periphery of Tokyo, this residential district was designed in the early 20th century following the ideas of Ebenezer Howard for the Garden City. Today, this area is highly sought after, as it comprises low-rise housing within green spaces – the complete opposite to Tokyo congestion.
The program includes a clinic (located on the ground level) attached to the residence; the 90m2 plot (irregularly subdivided by land inheritance) is squeezed between the adjacent houses with only a 2.5m wide alley as access from the street. Usually projects with this site shape, use the fl ag part as building, while the pole part is used as for parking and approach. Opposed to this traditional solution yet complying with code and regulations, CFD simulation studies were performed to assess a shape that would profi t from natural light and ventilation.
The resulting unique building footprint allows a space that harmonizes with the neighborhood green areas. Additionally, the living room on the second fl oor features a private terrace cantilevered over the narrow parking space.



page top