SPIRAL GARDEN 淡路の住宅

  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images
  • images

 

CONCEPT

JAPANESE / ENGLISH

淡路島の斜面地に家族4人のための住宅である。淡路島の温暖な自然環境を活かし、約1000m2の敷地全体を計画した。

この住宅は寝室、収納や水廻り以外は螺旋状のワンルームの空間をもち、中心部には、家族が集う7.5mの高さの吹抜空間をもつ。又中心に向かうほど屋根の高さが上昇する。この吹抜空間には直径600mmの丸窓を設け、夏には開放し、上昇気流を生み出し、冬には下部空間で蓄熱した暖気を上部空間に送る働きをする。淡路島に残る民家を継承しようと特異な形態でありながらも、在来木造的な考えで計画した。螺旋を描く木構造は、中心にある円筒の柱から放射状に梁を架けられ、内部空間に表われる。形状が特殊なため機械を用いたプレカットではなく、すべて大工による手加工となっている。内外の壁は、敷地周辺で採れた竹小舞を下地として淡路島の土で仕上げ、床は三和土土間で仕上げた。屋根は大地から生態が連続しながら渦巻き状に上昇する施主が育てていくスパイラルガーデンである。形状が螺旋状であることによって、 様々な方向と高さが得られるため日照と湿度の状態に応じて様々な植物を植えることができる。
さらに屋根に降り注ぐ雨水は、計画したスウェールによって、一気に流れ落ちることなく徐々に下り、すべての生物たちを潤しながらため池に導かれる。ため池の水は夏場には住宅内に冷気を送りこむ。

木と土を用いて、常に光、風、水、緑の恩恵を感じれる生活の場をつくろうとした。

This project consists of a private residence located on Awaji Island on a 1000m2 site. The house comprises a functional program for a single family, featuring a spiral layout. The roof structure rises towards the center. Built with construction methods from the region, all walls were finished in a woven bamboo lattice covered with soil. The floor uses a technique called Tataki, a hard-packed earthen floor, resistant to high foot traffic consisting of earth, lime and water, beat until solidification. The green-roof is a spiral garden hosting different plants. Rainwater is carried down through the spiral channeling it towards a reservoir while soaking the plants. Water from the pond cools down the summer winds before entering the house.

The landscape of the entire site was planned as a closed cycle including an energy generation system –which also works as a playground for children- an outdoor kiln, a bath and a compost toilet. With the passing of time, this project is expected to fuse with nature, resembling a natural organism in harmony with the environment.



page top